保健福祉学科TOPイメージ

保健福祉学科

保健福祉学部棟

平成25年度から、保健福祉学科は「社会福祉学専攻」と「子ども学専攻」の2専攻の構成になりました。

社会福祉学専攻 [入学定員40名]→リーフレットはこちら(PDF)

子ども学専攻 [入学定員20名]→リーフレットはこちら(PDF)

ニュース・お知らせ

「社会福祉学専攻」人々の健康と幸福の実現を目指す、社会福祉のプロへ。

社会福祉学専攻は、深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、福祉的視点と方法に基づいて、すべての人々の自立と自己実現を支援し、健康と幸福の増進に寄与できる人材の育成を目指しています。ソーシャルワークの方法や実践的な支援技術、介護支援の方法や技術、諸外国の保健福祉制度・政策を学び、多様な福祉課題に対処できる能力を育みます。科目の選択により、社会福祉士・介護福祉士の国家試験受験資格取得が可能となります。

「子ども学専攻」子どもの育ちと学びを支える、幼・保のプロへ。

子ども学専攻では、子どもや家庭・地域を理解し、指導・支援するための福祉と教育の方法や実践的な支援技術を併せ持ち、子どもの育ちと学びを支える人材の育成を目指しています。そのため、1年次から2年次までに共通教育を履修して教養や人間性、倫理観を育み、1年次から4年次までのゼミナールを通じて問題解決力や実践力を身に付けます。さらに専門科目の履修により、専門家として必要な高度の専門知識と論理的思考力を育みます。卒業時には、幼稚園教諭一種免許状・保育士資格の取得が可能です。

白衣の男女

取得可能な(受験)資格

社会福祉学専攻 社会福祉士国家試験受験資格
介護福祉士国家試験受験資格(30名まで)
社会福祉主事(任用資格)
子ども学専攻 幼稚園教諭一種免許状
保育士
社会福祉主事(任用資格)

学科長あいさつ

保健福祉学科長

保健福祉学科長

村社むらこそたかし

グローバル化、少子高齢化、情報化など、我々を取り巻く社会環境は大きく変化しています。そのなかで、人々の価値観や生活様式も変化し、誰にとっても暮らしやすい社会の実現は、喫緊の課題となっています。

保健福祉学科は人間に関わる専門職の育成を目指します。具体的には、社会福祉士・介護福祉士・保育士資格及び幼稚園教諭一種免許状の取得です。

保健福祉学科は、社会福祉学専攻と子ども学専攻から構成されています。

社会福祉学専攻は、「徹底した少人数・高レベル教育」「100%の就職率」「全国トップレベルの社会福祉士合格率」をその特徴として掲げています。また、2013年に誕生した子ども学専攻は、「少人数・高レベル教育」に加えて、「幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の両方の取得」を全面に打ち出しています。

社会福祉学専攻は、学科が2専攻に分離する前から、わが国における社会福祉・介護福祉教育をリードしてきました。今後さらに、グルーバルに活躍できる専門職育成を目指し、教育・研究活動を創造的に展開していきます。

子ども学専攻は、これからの社会を見据えて、「福祉と教育が融合した子ども学」を修得するための教育を行います。また、子どもたちの育ちと学びをそばで支え、同時に子どもを取り巻く家庭や地域を理解して、それらと協働しながら子どもとたちを指導・支援するための理論と方法を学びます。

私たちは、入学された皆さんが、豊かな自然に包まれた学舎で、多くの出会いを重ね、社会福祉、介護福祉、幼児教育、保育に関わる専門職として、深い知識と豊かな人間性を兼ね備えた人に成長されることを強く願っています。

アドミッションポリシー

保健福祉学科は、深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、福祉的視点と方法に基づいて、子ども、障害者、高齢者等全ての人々の自立と自己実現を支援し、健康と幸福の増進に寄与することのできる人材を育成することを目指しています。社会福祉学専攻では、特に社会における多様な福祉課題に対処する問題解決能力と共感力を持った人材を、また子ども学専攻では、教育的視点と方法を併せ持った、子どもの育ちと学びに関わる人材を育成することを目指しています。
したがって、求める学生像は次のとおりです。

  • 豊かな人間性を育み、支援を求める人々に対して、共感、共生しようとする学生
  • 豊かな感性と科学的な思考力や分析力を養い、問題解決能力を高めようとする学生
  • 援助対象者の成長や自立支援を促す専門的援助技術の修得に努める学生
  • 21世紀の福祉社会や地域社会に貢献する意欲のある学生