保健福祉学部TOPイメージ

保健福祉学部

保健福祉学部棟

ニュース・お知らせ

みんなが健康で、豊かな社会をつくるために。人ができることを、追求したい。

人々の健康と福祉に役立つプロをめざして。

学生イメージ

地域社会の人々の、健康と福祉の増進に積極的に貢献できること。人を支援する心をもち、豊かな人間性にあふれていること。保健福祉学部が目指すのは、このような人材の育成です。

看護・栄養・保健福祉の3学科で、それぞれに多彩な実習を盛り込んだカリキュラムを設定。基本的知識や技術をしっかり修得することはもちろん、科学的な思考や分析に基づいた問題の探求・解決能力、将来にわたる応用力、変化に対応できる力を培います。

また、高い倫理観やコミュニケーション能力の育成にも力を注いでいます。

看護学科 人間の生命を尊重し、全人的ケアのできる看護のプロへ。

栄養学科 食と健康の専門家へ。その活躍フィールドは大きく拡がっている。

保健福祉学科 人々の健康と幸福の実現をめざして福祉の理論の実践を学ぶ。

保健福祉学部長あいさつ

人々の健康と福祉に役立つプロを目指して

保健福祉学部は看護学科、栄養学科、保健福祉学科の3つの学科から構成され、地域の人々の健康維持と増進に積極的に貢献できる保健、医療、福祉に関する基本的知識と技術を修得し、健康課題に対して科学的な思考や分析に基づいた課題解決能力を備え、高い倫理観と豊かな人間性にあふれ、さらに社会の変化やグローバル化に柔軟に対応できる力とコミュニケーション能力を有する人材を養成することを目指しています。

看護学科は、人々が健康で豊かなその人らしい人生が実現できるように、看護の専門知識と技術を活かして、地域におけるあらゆる健康レベルの人々(家族・集団・地域)の生涯を通じた健康を支援し地域社会に貢献できる看護専門職の育成を目指しています。

栄養学科は、超高齢社会の到来や生活習慣病予防が重要視されている現代社会において、食と健康の相互関係を科学理論によって理解し、未知なる事象の解明に向けて研究する姿勢を身に付け、栄養学を人の健康の維持・増進、病気の予防・治療へと応用し、広く地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

保健福祉学科は、深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、福祉的視点と方法に基づいて、子ども、障害者、高齢者等すべての人々の自立と自己実現を支援し、健康と幸福の増進に寄与することのできる人材を育成することを目指しています。社会福祉学専攻では、特に社会における多様な福祉課題に対処する問題解決能力と共感力をもった人材を、また子ども学専攻では、教育的視点と方法を併せ持った、子どもの育ちと学びに関わる人材を育成することを目指しています。

保健福祉学部長 高橋 吉孝