看護学科TOPイメージ

看護学科

保健福祉学部棟

ニュース・お知らせ

人間の生命を尊重し、全人的ケアのできる看護のプロへ。
看護のプロフェッショナルとして活躍するための基礎を学ぶ.これが看護学科の教育目的です.少子高齢化やQOL(生活の質)の維持向上などの多彩なニーズから,ヒューマンケアリングを課題とする看護への期待はさらに高まっています.
また,人間性の尊厳と多様性を尊重し,全人的ケアをめざす看護学は,新しい科学を創造する担い手としても注目されています.
そこで看護学科では,ヒューマンケアリング論,看護アセスメント学,看護政策マネジメント論など新しい視点を取り入れた科目も充実させ,看護ケアを発展させる学術研究とともに,的確な判断力をともなった高度な看護実践を探求します.
1・2年次は一般教養と基礎看護学など基礎的な科目を学習します.3年次からは看護学を領域別に深め,4年次には学んだことを専門的に実践するための実習や研究に重点をおきます.段階的なカリキュラムで,自主的に仕事や自己を発展させる能力を開発するとともに,人間としての深さや広さ,柔らかさを身につけ,幅広く活躍できる人材の育成をめざします.
白衣の学生



学科長あいさつ

看護学科長

看護学科長

山口三重子

我が国における少子高齢化の進展や人口構造の変化は、今日の保健・医療・福祉のあり方に影響を及ぼし、さらには、2025年を見据えた社会保障制度改革の動きは看護界や看護教育にも多大な影響を与えています。このような保健・医療・福祉の課題を受けて、本学科では、高度専門職業人を育成するために、平成24年度から4年間で看護師国家試験受験資格(その内4名は助産師国家試験受験資格も取得可)を卒業要件とし、今まで学部で行っていた保健師教育は大学院前期課程(修士)として開講しました。

看護は人間を対象として行うもので、対象者なくして看護は存在しないと言っても良いでしょう。対象者一人一人の権利と尊厳を考え、全人的な看護を実践するためには、深い対象理解と実践の根拠となる科学的思考が必要となります。看護学科では「将来、地域社会に生きる人間を深く理解し、豊かな知識と確かな技術をもってヒューマンケアリングを実践すると共に新しい看護を創造していく専門職者を育成すること」を目的としています。そのため、人間や社会を理解するための素地となる豊かな教養と倫理観を身につけ、科学的思考の基盤となるクリティカルシンキングやグローバル化に対応した看護活動ができる基礎的な知識と技術を育成するための科目を配置しています。また、ライフステージ別の特性を踏まえた看護や看護政策・マネジメントを履修し、健康増進や主要な健康課題の解決に活用できる理論と方法を学びます。

本学科で看護学の基礎を学び、卒業後は国内外で保健・医療・福祉分野のリーダーとなる看護専門職者として、また、地域・国際貢献ができる人材となるよう期待しています。





アドミッションポリシー

看護学科は,人々が健康で豊かなその人らしい人生が実現できるように,看護の専門知識と技術をいかして,地域におけるあらゆる健康レベルの人々(家族・集団・地域)の生涯を通じた健康を支援し,地域社会に貢献できる看護専門職の育成を目指しています。
したがって,求める学生像は次の通りです。

●人々や健康,人々の暮らしに強い関心を持っている学生
●他者を思いやる気持ちがあり,人と関わることが好きで共に成長したいと考える学生
●看護の多様な側面を学ぶ上で必要な基礎学力があり,探究心を持つ学生
●何事にも前向きに取り組み,チャレンジ精神が旺盛な学生
●看護のプロフェッショナルとして地域や社会に貢献したい学生




看護学科の沿革

2013年(平成25年)   大学院保健福祉学研究科(博士前期課程)の看護学専攻再編(保健師国家試験受験資格取得)
2007年(平成19年)   公立大学法人岡山県立大学設立
2003年(平成15年)   岡山県立大学大学院 保健福祉学研究科
博士前期課程 看護学専攻設置
博士後期課程 保健福祉科学専攻 看護科学領域設置
1997年(平成9年)   岡山県立大学大学院
保健福祉学研究科 修士課程 看護学専攻設置
1993年(平成5年)   岡山県立大学保健福祉学部看護学科開設
(翌年,平成6年 岡山県立短期大学看護科閉校)
1965年(昭和40年)   昭和36年開学の岡山県立短期大学に看護科設置
(岡山県立高等看護学校閉校)
1962年(昭和37年)   岡山県立高等看護学校開校
1959年(昭和34年)   岡山県公衆衛生看護学校に改称(平成13年度閉校,平成24年度岡山県立大学同窓会加入)
1951年(昭和26年)   岡山県保健師専門学院に改称
1941年(昭和16年)   岡山県女子厚生学院開校(保健婦、養護教諭養成)